沿革

1971(昭和46) 4月 川崎市多摩区にて伊吹電子製作所創業
1972(昭和47) 2月 ㈱ケンウッド取引開始
12月 資本金100万円で有限会社伊吹電子設立
1990(平成 2) 4月 ㈱ソキア   取引開始
6月 神奈川県新分野育成事業認定となる
1991(平成 3) 4月 資本金100万円から500万円に増資
1996(平成 8) 2月 松下電器産業㈱と輸送安全機器で取引開始
5月 資本金500万円から1000万円に増資
5月 有限会社から株式会社に組織変更
1997(平成 9) 3月 自社製品第1号輸送警報装置特許出願
8月 自社製品第2号福祉機器開発着手
1998(平成10) 5月 第2号福祉機器 音声拡聴器 「クリアーボイス」 を実用新案、商標
意匠各登録申請
  音声拡聴器 「クリアーボイス」が 神奈川県 「新分野進出等措置法」
および 川崎市 「ものつくり活性化事業」の 各承認・認定を受ける
6月 音声拡聴器 「クリアーボイス」 を神奈川県インターネットに記載
1999(平成11) 2月 音声拡聴器 「クリアーボイス」 販売開始
2000(平成12) 1月 第3号福祉機器 音声拡聴器 「ボイスカムバック」 開発着手
2001(平成13) 1月 テレビ朝日のテレビ番組「スーパーJチャンネル」にて
音声拡聴器 「クリアーボイス」が紹介される
3月 音声拡聴器 「クリアーボイス」 東急ハンズ各店舗にて販売開始
4月 音声拡聴器 「ボイスカムバック」 試作品完成
2002(平成14) 3月 音声拡聴器 「ボイスカムバック」 販売開始
2003(平成15)  9月 川崎市「敬老祝い事業」品に選定
5月 川崎市福祉事業 功績感謝状 授与
  かわさき起業家 川崎市長賞受賞
音声拡聴器 「マイク&スピーカー」 開発着手・特許出願
2004(平成16)  9月 川崎市「敬老祝い事業」品に選定
  音声拡聴器 「マイク& スピーカー」 販売開始
無線式音声拡聴器「スカイボイス」開発着手・特許出願
川崎市制80周年記念「新製品・新技術奨励賞」受賞
2005(平成17)

8月

電子聴診器 「レシャードスコープ」 開発着手
9月 川崎市「敬老祝い事業」品に選定
10月 産学連携試作開発促進プロジェクト日刊工業新聞社賞受賞
2006(平成18)

 

7月 杖 「すてきなメロディーステッキ」 開発着手
8月

TBSラジオ番組「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」で訪問を受け、
弊社の福祉製品が紹介される

9月 川崎市「敬老祝い事業」品に選定
2007(平成19) 5月 充電式音声拡聴器 「i-.ペンダント」 発売開始
東京都杉並区「長寿敬老祝い品」選定
12月 宮崎県延岡市役所に 音声拡聴器 「クリアーボイス」 設置
  川崎市「敬老祝い事業」品に選定
2008(平成20) 1月 宮崎県南郷町役場に 音声拡聴器「クリアーボイス」設置
川崎信用金庫全店に 音声拡聴器 「クリアーボイス」 設置
9月 川崎市「敬老祝い事業」品に選定
2009年(平成21) 1月

川崎市全区役所に 音声拡聴器 「クリアーボイス」 設置

2月 伊勢丹ハートフルにて販売開始
  東京都稲城市役所に 音声拡聴器 「クリアーボイス」 設置
3月 川崎市基準認証福祉製品認定
11月 骨伝導対応型音声拡聴器 「i-スマートボイス」 発売開始

« 前のページ | 会社情報のトップ | 後のページ »