ホーム > お知らせ > 2002年8月

お知らせ

2002年8月のお知らせ

鎌倉朝日新聞にて『クリアーボイス』が紹介されました

お年寄りへのプレゼントに最適  音声拡聴器
鎌倉朝日新聞 2002(平成14)年8月5日付
 
耳が不自由な母ともう一度普通に話しができたらという思いを込めて川崎市の電子機器メーカーが開発した音声拡聴器が売れている。
  耳にあてるだけで使える手軽さ、補聴器に比べて値段が手ごろなことがうけて口コミで広がり、発売以来、25,000台が売れるヒット商品になった。

  川崎市で電子制御機器・制作が本業の会社「伊吹電子」の松田正雄社長(60)が開発したのは、聴きたいときだけ耳にあて、持てばスイッチオン・離せばオ フ・の手先が不自由になったお年寄りでも簡単操作で相手の話しが大きくはっきりと聞こえる携帯電話型の音声拡聴器「クリアーボイス」だ。コンパクトな手の ひらサイズで、本体重量はわずか50グラム。テレビや家族との団らんなど長い時間使用したい場合は付属の両耳用イヤホン、ストラップ(ひも)を使える。
耳の不自由なお年寄はもちろん、そういったお年寄を介護する介護士やホームヘルパーが持ち歩いて訪問先で会話に役立てている。
  値段もできる限り抑えての9800円(税・送料別)と補聴器に比べて手ごろで、人気を呼び評判となってテレなどでも紹介された。帰郷土産や敬老の日などのプレゼントにもとめる人も多いという
  その後、利用者の声を丹念に集め、新製品をを開発し,今年3月、ヘッドホンタイプ、コードレス音声拡聴器「ボイスカムバック」が本格的に発売された。
  コードが一切なく、耳の後ろに掛けて両手が使えるネックホンタイプ。本体重量わずか64グラム、つけているのを忘れる軽さ。音質にもこだわって川のせせらぎなど微妙な音も聞き分けられると言う。定価は14,800円。