お知らせ

カテゴリー:その他

読売新聞 滋賀県版で松田社長の記事が掲載されました

県に音声拡聴器寄贈
伊吹出身・松田さん 「古里へ恩返しを」

 

「読売新聞 滋賀県版」 2004(平成16)年12月19日
 
ふるさと・滋賀に恩返し――。伊吹町出身で、現在 は川崎市で電子機器メーカー「伊吹電子」を経営する松田正雄さん(63)(東京都町田市)が、難聴者らに利用してもらおうと音声拡聴器二十台を県に寄贈し た。もともと、耳の不自由な母親のために作った機器を、多くの人のために役立てたいと商品化した。県は二十日以降、地域振興局や障害者福祉センターなどの 窓口に設置する方針。 松田さんは、中学卒業まで伊吹町で過ごした後、東京都や神奈川県などで働いた。同社は一九七一年に創業。会社名の「伊吹」は、故郷の伊吹山にちなんで名付 けたという。 伊吹町で暮らす母親の耳が聞こえにくくなってきた一九九七年ごろ、親子の会話が不自由になったため、「母ともっと話がしたい」と、機器製作を思いついた。 マイクと再生用スピーカーを小さなダンボール箱に入れただけの試作品を作ったところ、母親はとても喜んで使ってくれたと言う。その後、開発を重ねて九九年 に販売を始めた。 寄贈した音声拡聴器は、高さ十一センチ、幅四・六センチ、厚さ一・八センチの携帯電話型。基本的なシステムは試作品と同様だが、ひつよな時にスイッチを押 して耳に当てるだけの簡単な操作で、話し声などがよく聞こえるようになる。 松田さんは、「離れた地にいても、子ども時代をすごした故郷を思う気持ちは強い。もう母親はいないが、今度は古里に孝行したい」と話していた。

神奈川新聞で紹介されました

かわさき起業家選抜ビジネス・アイデア シーズ市場
授賞企業(者)市場ビジネスプラン発表会

「神奈川新聞」 2003(平成15)年9月15日

 

㈱伊吹電子 母を思う気持ちから生まれた音声拡聴器が全国的なヒット商品に。 利用者の声に直に耳を傾けた使いやすさへのこだわりでで、 町工場からメーカーへ飛躍するきっかけをつかむ。 高齢の母への想いから生まれたヒット商品 ㈱伊吹電子の「音声拡聴器 クリアーボイス」は、代表取締役の松田正雄さんが、補聴器を使いたがらない母のために考案。段ボールにマイクロホンとスピーカーをつけただけの試作品が原 点だ。母タネさんは完成を待たず亡くなったが、「クリアーボイス」は音質の良さ、手に取るとスイッチが入る手軽さ、携帯電話のような使い勝手のよさが見止 られて全国的なヒット商品となった。本体は50g、単4電池2本で200時間連続使用可能だ。 自社開発製品の第2弾「ボイスカムバック」は両手が使えるヘッドホン型で、ビジネスシーズ市場で起業家大賞を受賞した。聞きたいときに耳にかけるだけでオ ン、はずせばオフになる。延長用マイクを使えばテレビの視聴にも便利だ。本体は64g、単5電池2本で連続200時間使用できる。 「クリアーボイスは9,800円、ボイスカムバックは14,800円。お孫さんでもプレゼントできる価格に抑えるよう努力しました」 使う人の身になった開発でメーカーへ脱皮 ㈱伊吹電子の本業はプリント基板の設計や製作。商品化には本業で蓄えたノウハウのほか、平成13年に発足した「川崎市福祉産業研究会」の存在も松田さんを 後押しした。 「30年間下請けでやってきましたが、こういうモノを作れて嬉しい。補聴器の常識にとらわれず、利用者の立場で、必要な機能をできるだけシンプルに実現す ることを心がけた結果です。福祉や介護のことを知らなくてもやる気があればできる。使った人が喜んでくれることが今後の励みになります」 クリアーボイスは川崎市の敬老の日の贈答品の一つに選ばれたが、口コミで売上が伸びているのは、使った人の好感があってこそ。ボイスカムバックは郵便局や 銀行の備品として設置されたり、訪問介護のヘルパーが利用するなど、社会的な需要も生まれている。


日本経済新聞にて弊社が紹介されました

日本経済新聞 2009年10月16日付


デンマーク大使に音声拡張器が贈呈されました

日刊工業新聞 2009年9月4日付

日本工業新聞2009年9月4日

承認番号:N-4528

 

 

川崎国際環境産業フォーラムは2009年8月25日に行われました


~今できること~ 音声拡聴器を寄付しました

福島県立医科大学に音声拡聴器『スカイボイス』を100台寄付いたしました。

ほか、岩手県保健福祉部にも音声拡聴器を寄付させていただきました。

地震や津波で補聴器を無くされた方がたくさんいると聞きます。

被災地の皆様のお役に立てば幸いです。

 

 

日本経済新聞 2011年4月26日付

 

20110426.jpg